株式会社伊藤工務店

TEL : 042-361-3453
8:30-18:00(日祝のぞく)

強さの考え方

地震に強い家

伊藤工務店の目指す家づくり。大切なお客様やそのご家族の皆様を守るため強くなくてはなりません。
地震大国の我が国はいつ何時大きな地震が起こるか分かりません。そんな、天災からご家族を守る事のできる家を造るため様々な事に興味を持ち、学ぶ事で地震に強い家づくりを実践しております。弊社では、法律上必要にない建物でも構造計算を適時行い、住宅性能表示制度の耐震等級2同等の強度を持つ建物を実現しております。
設計段階よりお客様のご要望をお聞きし、使い勝手と耐震性とを考慮し、耐力壁、準耐力壁をバランスよく配置する事によって高い耐震性能を実現してきました。
また、新築以外にも既存の建物への耐震補強も行います。お客様お住まいの既存建物を調査し現在の耐力を算出、現在の耐震強度を数値としてご確認頂きます。そこでの結果を元にお客様と話し合いをし、地震に強くする耐震補強工事を行います。
新築の耐震性能や既存建物の耐震化などお客様のいかなるニーズにも応えられるよう、当社は万全を期しております。

必ずやります。地盤調査

家が建っている地盤(地面)。地盤には強さがあるの、ご存知ですか?
どんなに強い建物を造ろうとしても建物を支えている地盤の強度(地耐力)が分からなければ意味がありません。お客様の大切な建物を造るにあたり弊社では必ず地盤調査を行います。「スウェーデン式サウンディング試験」や「表面波探査法」など様々な調査法により建物を設置する地盤の強度を計り、調査データを元に建物を設計しております。地盤の強度により、基礎形状や地盤改良や杭の有無、などあらゆることを考慮し建物の強固な基礎を設計しております。

ほんとうの強い家って

強い家を作るには二つの「強い」を両立させなければなりません。一つは家の構造自体の強度。もう一つは構造材の耐久性です。どんなに強い家を造っても耐久性が無ければすぐ壊れてしまいます。その二つが両立してこそ「強い家」だと考えております。

耐久性は重要

構造材を破損もしくは弱体化させてしまう原因として、シロアリ食害などいくつかありますが、最も原因になるのは水分です。雨水や湿気などは木造住宅にとって最大の敵ではないでしょうか。いくら耐震設計をしても、強固な材料を使用しても腐ってしまえばその効果は無と化してしまいます。
建物の破損や倒壊・崩壊を引き起こす巨大地震は数十年から数百年に一度ですが、雨は1ヵ月に何回も降ります。また、家の中ではお風呂に入り、食事をし、トイレにも行きます。ましてや、湿気が多い季節もあります。その中で巨大地震に耐える構造体を水分から守るには・・・何が重要かは明白です。

 

では、どうすれば・・・耐久性の向上工夫

雨漏りや漏水、結露や湿気による構造体の湿潤を、空気を流通させ乾燥させること。弊社の考える耐久性を上げる工夫の一つとして、「外壁通気工法」があげられます。弊社はこの工法を標準仕様として採用しており、外壁と断熱材の間に空気が流通する隙間をつくり、断熱材の内部には防湿層を設け、内部結露を防止させ構造体を守っています。
また、湿気が溜まりやすい床下は土台と基礎を絶縁し、空気の流通する空間を確保。湿気を効率よく排出する構造としております。
乾燥状態を保つ事で、シロアリ食害の防止にもつながります。
建物形状や屋根形状をシンプルに設計し雨漏り防止や空気流通を考える事。
結露や自然現象に興味を持ち当たり前の知識として学ぶ事。
お客様との話合いの頻度を高くしご訪問させて頂き、チェックを欠かさない事。
弊社はより強固で長持ちするほんとの強い家をご提供させて頂いております。