株式会社伊藤工務店

TEL : 042-361-3453
8:30-18:00(日祝のぞく)

快適さの考え方

快適な住環境を考える

大切なお客様やそのご家族の住まいは快適でなくてはなりません。
断熱、気密、防音、通風、衛生的な環境、ランニングコストなど一言で「快適」と言っても様々で、いろいろな要因や自然環境を考え、考慮しなくてはなりません。
伊藤工務店では、設計段階や現場視察よりお客様がお住まいになる敷地の条件や周辺環境、立地を考慮して家づくりや改修をしております。
また、「この厚さの断熱材を入れなければダメです」など弊社の考えを一方的に押し付けるようなことは致しません。日本の基準に合い、かつお客様一人一人にあった「快適さ」をご提案させて頂きます。

そもそも断熱材ってなに?

断熱材とはグラスウール系や硬質発泡ウレタン系など他にも様々な種類がある熱交換の少ない材料の総称です。
断熱材は、熱を遮断するとともに保温や防音する役目をはたします。
少ないエネルギーで冷やした、もしくは温めた空気を逃さないこと。
外の暑さ寒さを家内に入れないこと
外の音を遮断すること
その性能や仕様は一長一短でここでは割愛いたしますが、なかなか難解です。ただ入っていれば良いわけではありません。環境や施工の方法や技術、ご予算やライフプランにより様々な断熱材を吟味し、お客様にあったものを使用する。お客様ととことん話し合いたい部材の一つです。夏涼しく、冬は暖かい。そんな快適な暮らしが出来ように弊社は断熱を大切にし、力を入れております。

では気密性は?

伊藤工務店では高断熱と同時に高気密にも取り組んでいます。高気密とは、家の隙間が少なく、外からの熱を室内に伝えにくい、ということ。室温を一定に保つ機能に優れエアコンの効きも良いので、省エネで快適に過ごすことができます。

高断熱の家、最大の敵は窓?

窓は外の光を内部に取り入れ、通風を招き、外の景色をまるで切り取ったかのような「絵」になり、家には無くてはならない存在です。しかしそんな窓も弱点があります。それは「断熱効率が悪い」と言うデメリット。
家全体の熱の出入りを部位ごとに数字で表すと、実に夏場は70~75%の熱流入、冬場は55~60%の熱流出量をほこります。いくら室内を快適にするためにエアコンを使用しても、高断熱にしても、窓を考えないと意味がありません。
伊藤工務店では窓に目を向け、お客様のご希望やご予算に合った窓プランもご提案させて頂きます。

目指すは、”ポカポカ温かい春の縁側”

初夏、木の日影に走る心地よい風やポカポカ温かい春の縁側。どれも大変心地良く幸せを感じる瞬間です。そんな、空気・熱・光・風・エネルギーなど自然の恵みを室内で感じられる家。
出来る限り特殊な機械装置を使わず熱や空気の流れを作り、風を感じられる家。夏涼しく、冬は暖かい家。パッシブデザインと高断熱の融合で、あの幸せな気持ちになれる快適な家を弊社は目指しております。